繰り上げ返済用の預貯金に余裕を持った返済計画を

繰り上げ返済用の預貯金に余裕を持った返済計画を住宅ローンを組む時に、金利の上昇可能性が高いとして「固定金利」での借り入れを選択する人が増えてきています。

金利が総返済額に大きく影響するため、今後の金利の動向を考えて固定か変動か等を考えるのは当然のこと。

しかし、超低金利が長く続いていることから、繰り上げ返済について論じるファイナンシャルプランナーは少ないようです。

固定金利か変動金利かを考えるなら、それ以上にもっと『繰り上げ返済』を考える事が必要です。

35年ローンなどで定年退職後も返済するプランになっている人も多いもので、こうした人達は定年退職までに完済するつもりで、繰り上げ返済用の資金を預貯金で用意する事を考えた方が良いのです。

預貯金に十分な余裕があれば、超低金利であってもすぐに繰り上げ返済をすることで、総返済額が大きく減少します。これは、繰り上げ返済が元金の返済に充当されるためです。

また繰り上げ返済用として預貯金を頑張ったとしても、まだ預貯金に余裕がないのであれば、様々なリスクのために預貯金として維持して置き、金利が実際に上昇し始めた時に繰り上げ返済を実行する手もあります。

いづれにしても返済計画を余裕のあるプランとし、繰り上げ返済用の預貯金が出来る借入計画にすれば、少々の金利上昇にも対応でき、老後生活がキツクなる事も防げるのです。

これも、住宅ローンに関する知恵の一つと言えるでしょうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ