住宅ローンを組む前にしておいた方が良いこと

住宅ローンを組む前にしておいた方が良いこと我が家では、住宅ローンを地方銀行で借り入れて組みました。

審査が少々厳しい代わりに、住宅メーカーと取引のある銀行の中では、一番金利の安い銀行を選びました。そこで通らなければ、他の銀行でチャレンジということにしたのです。

妻の給与が、その銀行口座への振り込みということがあったのも、決め手ではありました。

審査が厳しいというのは事前に住宅メーカーの担当者から聞いていましたが、こちらは初めて住宅ローンを組むのですから、その「厳しさ」がどの程度か分からないまま申し込み手続きを始めたのです。

銀行の担当者とやり取りが始まると、正式申し込みの前に今現在、他に組んでいるローンがあるか問われ、自動車のローンが3ヶ月月残っていることを伝えました。 すると「この自動車のローンを、今回の申し込みの前に、前倒しで返済終わらせられませんか?」と言われたのです。

3ヶ月分とはいえ、10万近くになるので迷いましたが「残っているローンは終わらせた方が通りやすさは格段に上がる」という事だったので、頑張って前倒しで返済を終わらせました。

無事に借り入れが出来たので良かったのですが、そのようなわずかなローンすらも不安要素になりうるとは思っていなかったので、正直驚きました。住宅ローンというと金額が大きいので当然の措置なのかもしれませんが、こちらとのギャップがあることもあります。

それでも金利が安くなれば、それこそ大きな金額になってくるのでお得にはなりますから、住宅ローンを組む際には審査が厳しくとも、そういう事まで気を付けて検討してみると良いかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ