『変動金利』『固定金利』どちらを選ぶかは永遠の課題

『変動金利』『固定金利』どちらを選ぶかは永遠の課題多くの人が住宅を建てる時に、住宅ローンを組む事になると思われます。

私も住宅を建てましたが、もちろん住宅ローンを組みました。

一括で支払うことが出来るだけの資金がある人は、それにこしたことはありませんが、大抵の人は一生で一度の大きな買物でありますので、ローンを組む事になります。

この住宅ローンを組む時に永遠の課題になるのではないかというのが『変動金利』で契約するのか、『固定金利』にするのかというところです。

昨今の経済事情で考えれば固定金利にしても、それほど大きな金額ではないのかもしれませんし、先々どのような状況になっても自分だけは変わらずに支払いを続けていけば良いという気持ちの安定にも繋がります。

しかし、それより安い変動金利は魅力ですし、これ以上下がりようのない金利になっていたのに、マイナス金利が発動されることでローンなどの金利はまた下がってきていますですから、変動金利の魅力もまだまだあるということです。

私も変動金利にしましたが、できるだけ早く返すことを念頭にいれておけば、金額が大きい分だけ金利の差も大きくなると考えています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ