注文住宅は申し込みをしてから実行まで期間があります

申し込みをしてから実行まで住宅ローンには金利があって「ローンに申し込んだ際の金利で決定されるタイプ」と「ローンの実行時の金利で決定されるタイプ」があります。

我が家で利用したのは、実行時の金利が適用されるタイプのローンだったので、毎月金融機関のホームページを見ては金利の確認をしていました。

新築の注文住宅でしたので、申し込みをしてから実行されるまでに半年ほど間が空いてしまいます。

それだけの時間があれば、ローンの金利も上がり下がりする可能性は否定できません。

利用する予定だった金融機関では、毎月金利が決定されてホームページ上に表示されていたので、それを見て金利の確認及び固定年数を検討していました

最終的に実行予定の月まで金利の上昇はなく、申し込み時と同じ金利で実行することが出来ました。おかげで当初予定していた「固定期間」で返済生活を始めることができ、大きな家計への負担は発生しなくて済んだのです。

当初の固定期間を3年にしておいたので、次の見直し時には実行当初よりも全体的に金利が下がっていて、更にお得な金利で次の期間に更新することもできました

金利は運任せのような部分もありますが、我が家の場合は幸いしたと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ